債務整理の費用が安いのは法テラス!僕のかかった費用と比較してみました!

債務整理に強い弁護士や司法書士を紹介しているサイトって結構ありますよね。

でも、多額の借金を抱えている人にとってイチバン重要なのは弁護士や司法書士に依頼する費用が「安い」ってことじゃないでしょうか?

費用を抑えたいなら一番のおすすめは法テラス です。

債務整理は「安い」法テラスがおすすめ

経済的に余裕がない人が債務整理したいときは、法テラスが最もおすすめです。

法テラスはお金がない人のために「民事法律扶助制度」を用意しているので、法テラスが定める基準を満たせば、相場よりも遥かに安い費用で債務整理することができます。

法テラスの債務整理の費用

ダンケ

法テラスの債務整理にかかる費用の大体の金額は決まっていてホームページでも公開しています。費用はこんな感じです。
法テラスの費用
債権任意整理個人再生自己破産
1社42,400円
(内10,000円実費)
197,000円
(内35,000円実費)
152,600円
(内23,000円実費)
2社63,600円
(内15,000円実費)
3社84,800円
(内20,000円実費)
4社106,400円
(内20,000円実費)
5社133,000円
(内25,000円実費)
6~10社176,200円
(内25,000円実費)
11~20社202,800円
(内30,000円実費)
218,600円
(内35,000円実費)
174,200円
(内23,000円実費)
21社以上229,400円
(内35,000円実費)
251,000円
(内35,000円実費)
206,600円
(内23,000円実費)
参考:弁護士費用・司法書士費用の目安(法テラス埼玉)
※過払い金があれば、別途報酬金がかかります

これは法テラスにのっている債務整理の費用です。
地域や依頼者の状況によって多少は違いはありますが、そこまで大きく料金が変わることはまずないと考えていいと思います。

法テラスの費用はどれだけ安いのか?

ダンケ

まだ債務整理していない人はこの費用が安いのか高いのかわからないですよね?そこで僕の任意整理の費用と法テラスの費用を比較してみました!
任意整理を費用比較(8社)
費用法テラスダンケ
着手金151,200円168,000円
報酬金168,000円
実費25,000円
合計金額176,200円336,000円

比較してみれば一目瞭然ですね。
倍とはいいませんがそれに近いくらい料金が違います。

僕の着手金と報酬金

僕が任意整理した債権は8件。債権1件につき21,000円の着手金と報酬金がかかりました。
法テラスも着手金はさほど変わりませんが、報酬金がありません。

この報酬金は僕の弁護士に限らず他の弁護士でも発生します。
ですから、報酬金が発生しない法テラスのほうが費用は安くなります。

司法書士は報酬金を取らないところも多いので法テラスよりも安くなる場合があります。
ただし司法書士の場合、1社の借金が140万円を超える場合は債務整理することが出来ません。

弁護士と司法書士の違いについて
債務整理は弁護士?司法書士?どちらに依頼するべきか?

法テラスは分割払いも可能

法テラスには立替制度があって、債務整理した際にかかる弁護士費用を分割払いで支払うことが可能です。

分割費用

僕も任意整理の費用を分割で弁護士に支払いました。
僕の場合は、(返済が始まる前の)7ヶ月で月々6万円ほど払い、336,000円を支払いました。

法テラスは、3年以内に分割で費用を支払えばOK。
毎月5,000円~10,000円ほどの少額を3年かけて支払うので、期間は長くなるものの経済的には非常に楽です。

法テラスの債務整理は安いけど注意点も

ダンケ

債務整理するなら法テラスは費用が安くおすすめですが何かと注意点や知っておかなければいけないこともあります

法テラスは利用できる人が限られる

費用が安い法テラスですが利用できる人は限られます。基本的に収入が低い、資産が少ない人のほうが利用できる確率が高いです。
法テラスを利用できる人の基準はこんな感じです。

収入と資産の基準
同居人数手取り収入家賃・住宅ローンをがある資産
1人182,000円223,000円1,800,000円
2人251,000円304,000円2,500,000円
3人272,000円338,000円2,700,000円
4人299,000円370,000円3,000,000円

収入

上記が収入(手取り)の基準、上記の金額より下回っていることが条件です。

同居している家族によって収入の基準は変わってきて、同居人の家計への貢献度に応じて収入が合算されます。

また家賃や住宅ローンを払っている場合、基準額が増えます。

資産

資産は無料相談であれば、現金(預金など)。

ただし依頼する場合は、不動産などの資産の合算した金額も考慮されます。
この場合、旦那さんや奥さんなどの配偶者が所有している資産も含まれます。

審査に時間がかかる

債務整理を依頼すれば通常すぐに弁護士が対応してくれます。

審査

しかし法テラスは上記の条件に当てはまっているかの審査があるため、すぐに債務整理をはじめるということができません。

大体2週間、長ければ1ヶ月程度審査に時間がかかります。

法テラスを利用する流れ

STEP.1
法テラスに連絡
近くの法テラスに連絡するか実際に行って条件に見合っているか確認する。
条件に見合っていた場合、相談の予約を取る。
STEP.2
相談に行き債務整理を依頼
債務の相談に行き任意整理を依頼。
その際、援助申込書、債務一覧表を記入するので債務状況などをしっかり把握しておくこと。給料明細などの書類が必要になるので事前に確認。
STEP.3
債務整理スタート
書類の審査が終わると債務整理がはじまる。合わせて債務整理の費用を立て替えた場合は、月々支払っていく

法テラスで債務整理出来ないなら安さ重視で事務所を探す

冒頭でも説明しましたが、「債務整理に強い」と弁護士や司法書士事務所を紹介しているサイトは結構あります。

ただ債務整理で訴訟まで発展するケースはほとんどなく、仮になったとしても裁判所で和解が成立するだけなので強いも弱いも僕はないと考えています。

となると、弁護士選びで重要視するポイントは「費用の安さ」で間違いないと思います。

基本的に司法書士、弁護士に限らずホームページを持っている場合は債務整理にかかる費用を明記しているので、法テラスの基準を超えてしまった人はできるだけ安い事務所を選んでみましょう。