債務整理は弁護士?司法書士?どちらに依頼するべきか?

僕もそうでしたが債務整理=弁護士というイメージがありますよね。
実は弁護士のほかに司法書士でも債務整理をすることができます。

じゃあどっちが良いのということになりますが、この辺を今回は紹介していきたいと思います。

司法書士ができる債務整理には限りがある

ダンケ

債務整理は司法書士でもできますが中にはできないものもあります。まずそれを覚えておきましょう。

司法書士には債務整理できる借金額に上限があります。
司法書士が債務整理できる上限は140万円。

この上限を超えた借金を債務整理することはできないので、140万以上の借金を抱えている場合、自動的に弁護士に依頼ということになります。

ただすべての借金の合計が140万円というわけではなくて、1社が140万円以内ということ。

司法書士OK

  • A社120万 OK
  • B社90万 OK
  • C社110万 OK

140万円を超える借金がないのですべて司法書士で可能!
司法書士NG

  • A社150万 NG
  • B社90万 OK
  • C社160万 NG

A社、C社が140万円以上のため債務整理することができない。

司法書士に上限がある理由
司法書士が扱えるのは簡易裁判までの案件。
その簡易裁判は140万円までの民事訴訟と定められているため、司法書士は140万円までしか債務整理できないというわけです。

債務整理は司法書士・弁護士でするメリット

ダンケ

で、結局どっちがいいのということですがどちらにもそれぞれメリットがあります。

司法書士、弁護士それぞれメリット、デメリットがあり一概にどちらがいいとはいい切れません。
どこを重要視するかでどちらがいいか変わってきます。

そこでそれぞれの債務整理の特徴を紹介したいと思います。

司法書士のメリット

司法書士優位

司法書士に依頼する一番のメリットは料金です。
事務所や地域によって違いはあれど、司法書士のほうが料金は安いというのが一般的です。

日本弁護士連合会 」「日本司法書士連合会(PDF)」によって料金(報酬)のルールは決められているものの、弁護士のほうがルールの範囲が広く司法書士の方が厳格なため、「弁護士>司法書士」となるようです。

また相談料などや諸経費などもかかる場合が合って弁護士費用のほうが高く付くことが多いみたいですね。

ただし料金相場としては法テラス(弁護士)>司法書士>弁護士。
一番安く債務整理するのであれば、法テラスがもっとも安くなります。法テラスは審査などもありますが、料金をとにかく抑えたいのであれば法テラスへの依頼がもっとも安上がりです。

弁護士のメリット

費用は高いものの「安心感」という意味では司法書士よりも弁護士のほうが上。

弁護士は140万円以上の借金でも対応できる他に、相手が控訴し地方裁判所で裁判となったときでも弁護士は対応することができます。

前述したとおり、司法書士は簡易裁判までの案件しか対応できないので、地方裁判所に移った次点で対応できなくなります。

まとめると

  • 料金を抑えて債務整理をするなら司法書士
  • 万が一に備えて債務整理をするなら弁護士

弁護士と司法書士 Q&A

ダンケ

ではここでQ&A形式でよく「?」となることをご紹介したいと思います

分割払いができるのはどっち?

これは事務所によります。弁護士でも司法書士でも分割払いを対応している事務所は多いです。


司法書士でも自己破産などの債務整理はできる?

簡易裁判の管轄であれば任意整理だけでなく個人再生や自己破産でも司法書士は対応可能です。ただし自己破産は弁護士に依頼したほうが50万円かかる入納金が20万円に抑えられるので安くなる場合も。


司法書士でも過払い金請求は可能?

司法書士であっても過払い金請求は可能です。過払い金が140万円を超える場合は司法書士は対応できません。過払い金請求する際は覚えておきましょう。


司法書士に依頼して地方裁判所で裁判することになったら?

弁護士に再依頼することになります。司法書士に払った着手金は戻ってきません。

実際弁護士で債務整理した僕の感想

ダンケ

僕が任意整理を依頼したのは弁護士。もちろん依頼したのは一人の弁護士ですが、参考までにどんな対応で料金はどうだったのかちょっと紹介します。

弁護士の対応

弁護士は事務的な対応だった

親身になってという感じはなかったですね。
どっちかと言うと事務的なかんじで淡々とした印象でした。

僕が依頼した弁護士だけかもしれませんが、まぁ債務整理の依頼は山ほどあるでしょうから、どの弁護士、司法書士もこんな感じの対応なのかも。

ドラマのような弁護士の対応を期待してたら「そっけない」と感じるかもしれませんが、あまり気にしないほうがいいですね。

弁護士の連絡頻度

弁護士からの連絡は2回

僕の弁護士が連絡をしてきたのは2回だけ。
弁護士費用を支払った後に書類(報告書と和解合意書)を送ったという連絡、債務整理完了後に返済が1回多かったので返金口座を聞いてきた連絡です。

基本的に一度依頼したら不要な連絡はありません。

お金を出して代理人になってもらったからと言って、「最近の返済はどうですか」なんて連絡はまずこないです。

弁護士の費用

弁護士費用について

僕が弁護士に支払った弁護士費用は33万6,000円。
それに加え相談料(1回)の5,000円、計34万1,000円です。

正直今思うとめちゃくちゃ高かったなと思います。

司法書士で依頼すればもう少し安くなっていたと思いますし、法テラスに行けば半額ほどで出来たことを知ったときは、少し(めちゃくちゃ…)後悔しました。

法テラスであれば、審査に落ちた可能性もありますし、もう少し時間がかかったかもしれませんが、やっぱりまず法テラスに行くべきでした。

ダンケ

とまぁ僕の弁護士に依頼した感想はこんな感じです。正直費用面以外は概ね満足。ただやっぱり費用はもう少し調べるべきだと後悔。