借金返済中に決めたやってはいけないこと&やったほうがいいことを紹介

僕は任意整理して5年かけて250万円あった借金を完済しました。

この返済期間の間、自分の中でやるべきこと、やってはいけないことをざっくり決めていました。
無事完済できたので、これが正解だったかなっと。

これから借金返済していこうと思っている人は参考にしてみてください。

借金返済のためにやったほうがいいこと

自炊中心の生活にする

コンビニ

「一人暮らしだとどうしても自炊は面倒」ということで僕は毎日コンビニに通っていましたが、1日2,000円使っていました。
月60,000円をコンビニに使っていたわけです。

これがなくなれば返済も楽になるはずと自炊をはじめたんですが、結果これがすごく良かった!
コンビニ中心から自炊中心の生活に切り替えたら1日に使うお金が1000円程度になりました。

コンビニ中心の生活

300円
700円
1000円

自炊中心の生活

150円
700円
500円(自炊)


はコンビニに立ち寄ってパンとコーヒーを買って300円くらい使っていましたが、翌日炊いた米をお茶漬けにして食べるてたらかかるのはコーヒー代だけ。

は会社近くのコンビニや松屋で食事。弁当とか作ればもっと節約できるのかもしれませんが、さすがにそれはしんどい・・・

はコンビニ弁当なんかで軽く1000円くらい使っていましたが、一日500円を目処に自炊しました。これが正直一番大きかった。

とこんな感じで自炊を始めたら、1000円くらいしか使わなくなって食費は月30,000円。
借金の返済が33,000円だったので、ほぼ食費を抑えただけで賄えるようになりました。


POINT
一人暮らしだとどうしてもコンビニ中心の生活になっている人が多いと思いますが、コンビニ断ちはおすすめです。
僕のように一日コンビニで2000円を使っている人やほぼコンビニ弁当という人は、自炊はめちゃくちゃいい節約になります。

生活は家中心にする

インドア派

「家中心の生活」は自宅にいる時間を増やすということ。
引きこもるっていうよりは、外出する必要がないとき以外は家にいるってことです。

僕は浪費癖があって、外出するたびに5,000円から1万円は当たり前に使っていました。
毎週一回は外出していたので、最低でも月20,000円は使ってました。

なので家にいる時間を増やすことにしましたが、家にいるとなると暇との戦いです。
僕の性格上、暇だと外出してしまいそうだったので、「VOD」を契約し「クラウドソーシング」をはじめました。

VOD(ビデオ・オン・デマンド)
VODは家にいる時間の苦痛をとにかく減らしてくれました。
海外ドラマとか映画とかアニメとか見てると家にいるのが全く苦じゃなくなりました。
僕はVODを複数契約していましたが、それでも月5000円以内。月20,000円使っていたので、めちゃめちゃいい節約。

クラウドソーシング
返済金の足しになるかなと思って始めたクラウドソーシングですが、これもかなりの暇つぶしに。
暇を潰しながら報酬も得られるので一石二鳥でした。
またクロームキャストでVODをテレビに映しながら仕事できるメリットも。

VODとクラウドソーシングを始めたことで家にいる時間が長くなり、出かけるのも月1、2回になりお金を使わなくなりました。


POINT
当たり前ですが、家にいると本当にお金を使いません。
出かけるたびに浪費してしまうという方は家に入れる工夫や外出する回数を決めれば、格段にお金を使わなくなります。
僕はVODとクラウドソーシングの他にブログも始めました。
ブログは匿名だしストレスを吐き出すにはすごく良いツールでした。

借金返済のためにやってはいけないこと

ギャンブル

スロットマシーン

ギャンブルは、パチンコによく行っていました。
ただ債務整理の失敗談で、ギャンブルがやめられず結局自己破産というような記事を読んだのもあってやめることに。

もともと頭に血が上りやすく金額を決めて計画的にって感じの性格じゃないのでいい機会でした。
やめようと思っても最初は行きたくてうずうずしたものの、家にいることが当たり前になってくると次第に熱も薄れていき債務整理終わった今も行ってません。


財布

月に3、4回しか行っていませんでしたが、パチンコを辞めると生活が楽になりました。
というか、財布のお金が減らなくなります。

パチンコに行くと一万円なんてあっという間ですが、一日2000円使っても1万円あれば5日は生活できます。
なので毎月3万円くらい使っていた僕はパチンコに使っていたお金で半月くらい生活できるようになりました。

高価な買い物

買い物ではしゃぐ

もともと浪費癖があったので、借金を完済するまでは10万円以上の買い物はしないと決めました。

債務整理すると物理的にローンが組めなくなるので、買い物はすべて現金。
あるいは利用してすぐ口座から引き落とされるデビットカードの2つしかありません。

ローンを組んだり分割払いすることができないので、僕のお財布にちょくで大打撃を与えてきます。


買い物三昧

浪費や大きな買い物をして経済的に余裕がなくなって借金の返済にも影響を及ぼしかねません。
僕は任意整理したので返済の遅れは絶対NG、最悪一括返済です。

僕の借金は任意整理したといっても160万弱あったので一括返済なんて到底むり。
なので最悪のリスクを回避するためにも、大きな買い物は借金を返済するまでは控えることにしました。


積み込み

また借金の返済中に引っ越しもしました。このとき返済できるお金が半年分(20万円)貯まってからしました。

引っ越しは10万以上のお金がかかるので無い知恵絞ってしっかり計画を立てました。

やはり返済への影響が怖いので引っ越しの費用プラス半年分の返済のお金を確保。
そして引越し先の家賃は給料の3分の1以下。

この2つの条件をクリアしないと引っ越しは出来ないとしましたが、これがなかなか良かったようで返済中トラブルもなく、貯金をすることも出来ました。

課金

スマホのゲーム

ソシャゲなどのスマホでの課金なんですが、iTunesカードを買ったりデビットカードを利用して少し課金するくらいなら許容範囲。

手元にある余剰資産で課金する分には特に問題なしです。
しかし、課金額を料金と合算するのはNGにしました。


スマホを扱う男性

スマホの料金と合算すると結局クレジットカードと一緒なんですよね。
クレジットカードは分割ができますが、料金と合算したらそれも出来ないので、実質キャッシングです。

僕はクレジットカードのキャッシングを上限いっぱいに借りて毎月の返済で四苦八苦という経験がありました。
これの「二の舞になる可能性が無きにしもあらず」ということで、携帯代と課金は合算はしないようにしたんです。