債務整理後、【自動車ローン】はどうなるのか??車は引き取られる可能性もある!

地域によっては車は必需品。毎日通勤や買物で自動車を使っている人も多いと思います。

では債務整理した後、ローンで買った自動車はどうなるのか?

実は債務整理する方法によってどうなるのかが大きく変わっていきます。
債務整理の種類によっては、車を引き取られる場合もあります。

※債務整理の種類については以下ページを参考に。
債務整理の種類を子供でもわかるくらいわかりやすく解説

では「任意整理」「個人再生(民事再生)」「自己破産」をしたとき自動車ローン、そして車がどうなるのかについてご紹介します。

自動車ローンの残債がある場合の「所有者」

ダンケ

まずローンが残っている車の所有者は誰なのか。これが大きく関わってきます。

まず自動車ローンを組んで車を購入した場合の所有者は誰になるのか?ということ。
これが大きく関係しています。

ローンを組んだ際、契約に「所有権留保」がついていて自動車ローンが残っている場合、車の所有者はローン会社になります。

所有権留保とは
簡単に言うと「ローンを完済するまで買った商品の持ち主はローン会社ですよ」というもの。
そのため返済が遅れたりすると、まだ商品は買った人の物ではないので、ローン会社が引き上げる権利があります。

所有権留保が契約に織り込まれていた場合、まだ車はローン会社のものでなので、債務整理すると引き上げられる可能性があります。

所有権留保を確認する

ダンケ

契約書の条項などにも記載されていると思いますが、車検証の「所有者」を確認するのが一番手っ取り早いです。

車検書の所有権が自分ではなく、クレジット会社(または販売店)になっていたら、所有権は自分ではないと言うことになります。

使用者もありますが、これはあくまでその車を使っている人なので間違えないように注意しましょう。

万が一、ローンを完済しているにも関わらず所有権が自分ではない場合、「所有権解除」の手続きが行われていないということ。
速やかに購入した販売店に連絡して所有権解除の手続きを行いましょう。

債務整理後の自動車ローン【任意整理編】

ダンケ

まずすべての債権を任意整理した場合、前述したとおり所有権留保がついているローンが残っている車は引き取られてしまう可能性があります。

ただし任意整理の場合、特定の債権を除外することができます

例えば、A社、B社、C社から借金をしていたとして、A社、B社は任意整理してC社の借金は任意整理せずそのまま返済していくことが出来ます。
C社がクレジットカードだった場合は、継続してC社のカードを利用することが出来ます。

そのため、自動車ローンだけ任意整理せずしなければ、ローンはそのまま払っていかなければいけませんが車を手元に残しておくことが出来ます。

車のローン残したいときは事前に弁護士、司法書士に伝えておきましょう!

任意整理で自動車ローンを除外したときの注意点

自動車ローンを任意整理から除外する場合、絶対に覚えておきたいことが一つあります。

任意整理できない

自動車ローンを組んだ会社の債権がある場合、片一方だけというのが出来ません。

任意整理できる

この場合、「自動車ローンも債権の両方を任意整理するか」または「両方任意整理から除外するか」になります。

債務整理後の自動車ローン【個人再生編】

ダンケ

任意整理では特定の債権を除外することができますが、個人再生はそれができません。
そのため、まだローンを支払っている車がある場合引き取られてしまう能性大です。

任意整理のように除外する方法(別除権協定)もあるにはありますが、裁判所の許可が必要になったりするため、あまり現実的ではありません。

ですから、個人再生で車を手元に残すためには「すでにローンが完済されている」「所有権留保がされていない」の2通り。
まず個人再生する際は代理人に相談してみましょう。

債務整理後の自動車ローン【自己破産編】

ダンケ

自己破産も個人再生同様に、すべての債権が対象ですから原則ローンが残っている車はローン会社に引き取られてしまいます。

そして自己破産は、すでにローンを完済している車でも引き取られる可能性があります。
自己破産では、価値がある資産は引き取られてしまい、車もコレに該当する場合があります。

自己破産したとき、持っている資産は処分の対象となり引き取られます。
ただし99万円以下のの現金や生活に必要な家電などの自由財産は差押えられることはありません。

自己破産ですでに自動車ローンを完済している車が引き取られるケースは車の価値によります。
この資産価値は、処分したときの金額が20万円を超えるものであれば原則引き取られます。

ローンを完済した車を手元に残せるケース

査定額20万円以下の車

査定士と車

調査員が20万円以下の価値だと認めた車は手元に残すことが出来ます。

車には法定耐用年数が定められていて、軽自動車は4年、普通自動車は6年で価値がなくなると言われています。

高級車や人気の高い車はこの限りではありません。
もし自分の車がいくらぐらいの価値なのか気になる方は買取業者に一度査定をとって見てもいいと思います。

現金99万円以内に収まる価値の車

車プラス現金

自己破産は、99万円以下の現金であれば手元に残すことが出来ますが、残す現金プラス車の価値が99万円以内に収まれば残せる可能性がでてきます。

例えば現金を30万円しか所持していなくて車の価値が60万円だったとき、合計が90万で範囲内に収まるので車残せる可能性があるというわけです。

裁判所が認めたとき車

自由財産はきっちり破産法で定められていますが、破産者の状況によって「自由財産の拡張」が認められます。

自由財産の拡張とは裁判所が「この人には必要」と認めた場合、自由財産以外のものでも処分の対象から除外されるというもの。

車も通勤や介護で必要と認められれば、引き取られることもなくなります。

ダンケ

自己破産後、完済した車が処分されるかされないかはかなりケースバイケースなのでしっかり代理人に確認しておきましょう