債務整理後の信用情報の確認方法(開示請求)と注意点

債務整理した後は、自分がローンやクレジットカードを組めるようになるまでになるまで5年間は必要だと言われています。
これは信用情報機関に事故情報が記載されるためです。

この信用情報は自分で開示請求することも可能。
そこで今回は信用情報を調べる方法をご紹介します。

そもそも信用情報機関って?

情報を照会

信用情報機関とは個人の債務状況を管理する機関で、融資の依頼があったとき、賃金業や銀行はこの信用情報機関の情報を照会します。

信用情報機関には3つの機関があります。

  • CIC
  • JICC
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)
信用情報機関

JICC、CICは主に信販会社が紹介する信用情報機関。
全国銀行個人信用情報センターはその名の通り、銀行が紹介する信用情報機関になります。

この信用情報機関に事故情報が載っている限り、ブラックリスト状態なので融資やローンを組むことができません。

信用情報機関に載る事故情報の掲載期間

債務整理と返済の延滞

「延滞」「債務整理」の2つが信用情報機関に事故情報として記載が残ります。
どれに関しても最長5年。ただしJICCは延滞(61日以上)のみ1年で抹消されます。

しかし、自己破産だけはちょっと各信用情報機関で登録年数が違います

  • CIC :最長7年
  • JICC:最長5年
  • KSC :最長10年
信用情報機関

JICCは5年で消えるものの、CICは7年間は記録が残ります。
また全国銀行個人信用情報センターは10年の事故情報が残ります。

なので自己破産した後、一定年数経っていてもローンの審査に落ちてしまうという方は、こういう理由が考えられます。

社内情報は別のはなし
これはあくまで信用情報機関に残っている情報です。
登録の機関が過ぎているにもかかわらず、審査に落ちてしまう場合は社内情報に記録が残っている可能性があります。
社内情報はその企業によって保有期間が変わるため、調べることができません。
なので、諦めて他のローンやクレジットカードを利用するのが得策です。

信用情報の開示請求はどの機関にするべき?

ダンケ

債務整理後に信用情報を確認する主な理由は、こんな感じだと思います
開示請求するシチュエーション

  • 住宅ローンを組むとき
  • 自動車ローンを組むとき
  • その他の金額の大きなローンを組むとき
  • クレジットカードを組むとき

ローンやカードの審査に受かるかどうか心配で調べる人が多いと思いますが、一番確実なのはすべての信用情報機関に開示請求することです。

住宅ローン

金額が大きなローン、特に住宅ローンを組む際にはすべての信用情報機関に開示請求して万全の体制を整えるべき!

ただすべてに申し込むとなると手数料がかかるので、お試しでという方は利用するローンやカードの種類によって選んでみましょう。

銀行系

全国銀行個人信用情報センターは主に銀行が照会する信用情報機関です。
そのため銀行系の金融機関のカーローンやクレジットカードを利用する場合は、全国銀行個人信用情報センターには開示請求しておきましょう。

信販系

CICやJICCはおもに消費者金融や信販会社が照会する信用情報機関です。
銀行系でないクレジットカードを作りたいときやローンを組む際は、CICやJICCに開示請求しておけば大丈夫。

CIC、JICCのどちらを使うかは公式HPから加盟会員を検索できるので、利用するローン会社がどちらに加盟しているか調べてみて開示請求しましょう。

債務整理後に信用情報を確認する方法

信用情報機関の情報は加盟企業でなくても、開示請求することができます。
ただ各信用情報機関によって開示方法がかなり違います。

CICの開示請求方法

WEB郵送窓口
利用時間8:00~21:45なし
到着まで10日前後
平日10時~12時
平日13時~16時
必要なもの電話※1申込書
本人確認書類
本人確認書類
開示請求費用1,000円1,000円500円
支払い方法クレジットカード
デビットカード
定額小為替証書現金

利用時の注意点

WEB

スマホ、PCで開示請求できますが、WEBからの申込みでも営業時間があるので注意。
また電話での確認があり、カードやローンを組んだ契約時に記載した番号であることが絶対条件となっています。

支払い方法はクレジットカードとデビットカードになっていますが、利用できるカードにかなり制限があります。
デビットカードはJCBデビットのみ。

郵送

申し込み書類は、公式サイトからダウンロードできます。
1,000円分の定額小為替と申込書、下記の本人確認書類を封入しCICに郵送すれば、10日前後で発行されます。

窓口

CICの窓口は全国7店舗のみ、また窓口は平日のみ営業となっているので開示請求できる人はかなり限られます。
窓口は本人確認書類を持参すれば、WEB、郵送よりも安く情報を開示することができます。

JICCの開示請求方法

アプリ郵送窓口
利用時間24時間
到着まで10日前後
なし
到着まで10日前後
平日10時~16時
必要なものスマホ
本人確認書類
申込書
本人確認書類
(お支払い伝票)
本人確認書類
開示請求費用1,000円1,000円500円
支払い方法クレジットカード
デビットカード
コンビニ
ATM
オンラインバンキング
定額小為替証書
クレジットカード
現金

利用時の注意点

スマホ

JICCはWEBからの申込みではなく、スマホのアプリをダウンロードする必要があります。

またスマホアプリを利用してできるのは、申込みまで。

本人確認書類を撮影し送信、各種の支払を済ませると、開示請求した情報が後日郵送で届きます。

郵送

JICCは郵送での開示請求は公式サイトにある「申し込みフォーム」から申込み書類を作成し、出来上がった書類を印刷し郵送となります。

また申し込みでも、クレジットカードが利用できます。
クレジットカードを利用する場合は、別紙の「クレジットカードでの開示等お支払い票」を記入し同封します。

窓口

JICCの窓口は東京、大阪にしかありません。そのため近郊でないかたは、上記のどちらかの方法で開示請求する必要があります。

KSCの開示請求方法

郵送
利用時間なし
到着まで10日前後
必要なもの申込書
本人確認書類
(お支払い伝票)
開示請求費用1,000円
支払い方法定額小為替証書
クレジットカード

KSCの開示請求は「郵送」のみ。
手数料の定額小為替証書1,000円を申込書類、本人確認書類と同封し郵送となります。

申し込み書類は公式サイトからダウンロードします。