初心者のためのワードプレスのインストール方法と初期設定

ドメインを取得してサーバーを契約したら最後のステップ。
ワードプレスの導入です。

ワードプレスを導入し、簡単な設定を終えれば”とりあえず”ブログをスタートさせる事ができます。

ワードプレスのインストール

初めての方がワードプレスをインストールしようと思うとなかなか大変。ですが、サーバーが用意している簡単インストールを使えばこういった面倒な作業は割愛できます。
今回は当サイトでも紹介したXサーバー、ロリポップの簡単インストールを使った導入方法を紹介しようと思います。

Xサーバー

Xサーバーのサーバーパネルにログインし、ホームページの項目の「簡単インストール」をクリックします。
簡単インストールをクリックするとドメインが表示されるので、ワードプレスをインストールするドメインを選択。

タブをWordPressインストールに切り替えて必要事項を入力しましょう。

ロリポップ

ロリポップはログイン後、左サイドバーのサイト作成ツール内のWordPress簡単インストールをクリック。
WordPressインストールしたいサイトURLを選択肢必要事項を入力。

必要事項解説

Xサーバーとロリポップの簡単インストールは共通する記入項目が多いのでざっくりあわせて解説します。

サイトURL

ワードプレスをどのドメインにインストールするかのほかに「どこにインストールするか」を指定します。
例えば「http://◯◯◯.com/blog/」というURLでブログを運営したい場合、ドメイン選択の次の入力欄に「blog」と入力します。
http://◯◯◯.com/のURLで運営する方は入力なしでOK。

ブログ名&サイトのタイトル

ブログ名、サイトのタイトルはブログのタイトルになります。タイトルはあとからでも変更することが出来ます。

ユーザー名&パスワード

WordPressの管理画面にログインするためのIDとパスワードです。
IDパスワードともに変更することができますが、IDパスワードの変更はちょっと面倒なのでしっかり考えておくべき。

メールアドレス

登録したメールアドレスはパスワードを忘れたときや更新情報が送られてくるので、間違えないように入力しましょう。

利用データベース&データベース

ロリポップは新規自動作成、Xサーバーは自動でデータベースを生成するでデーターベースが自動的に作成されます。
デフォルトでこの状態になっているので、初めての方は変える必要なし。

キャッシュ自動削除

キャッシュ自動削除はXサーバーだけの機能ですが、ONにしておけば一定期間でWordPressに残ったキャッシュを削除してくれます。
デフォルトでONになっているので、変更しなくてもいいと思います。

ネームサーバーは変更しておく
ワードプレスのインストールを行う前にネームサーバーは事前に変更しておきましょう。
ネームサーバーを変更しワードプレスをインストールしても、DNS浸透が終わっていない場合サイトが表示されないことがあります。
その場合、時間をおけば表示されるので、しばらく待ってみましょう。

初心者のワードプレス初期設定

ワードプレスにインストールしたら、早速記事を書いたりテーマを変えたり便利なプラグインをいれるまえに、まず2つの初期設定をしていきましょう。

ブログのURLをSSL化

前回紹介した記事を参考にしている人はすでにSSL化していると思うので、ワードプレスもURLを変更しておきましょう。
まだしていないという人はこちらの記事を参考にしてみてください。

管理ページ左のサイドバー「設定」の中に一般という項目があるのでそちらをクリックすると、一般設定のページの中に「WordPress アドレス (URL)」「サイトアドレス (URL)」があります。
現在URLがhttp://◯◯◯.comとなっているとおもうので、これを両方ともhttps://◯◯◯.comnに変更し変更を保存をクリック。

このとき「WordPress アドレス (URL)」「サイトアドレス (URL)」の両方を変更してから「変更を保存」をクリックしてください。

URLを変更したら一度ログアウトしますが、もういちどログインしなおせば大丈夫。
これでURLがhttps://に変更されていると思います。

パーマリンクの変更

トップページが「https://◯◯◯.com」だった場合、書いた記事のページ(下層ページ)は「https://◯◯◯.com/△△△」となります。
パーマリンクはこの△△△部分のことで、この△△△部分の形式を変更していきます。

パーマリンクの設定は左サイドバーの設定内「パーマリンク設定」から。
共通設定を切り替えると投稿名(記事タイトル)や数字ベースなど好きなパーマリンクに設定できます。
カスタム構造では自由にパーマリンク形式を指定でき、例えば分類したカテゴリーを記事のパーマリンク前に挿入することも出来ます。

これは好みで選んでもいいんですが、一度変えたら変えないほうがいいので指定する前に熟考することをおすすめします。