借金の返済ができない人の特徴とその解決策を紹介

借金の返済を決意しても途中で挫折……
なぜ決意したにもかかわらず借金の返済ができないのか?

そこで借金の返済ができない人、失敗しやすい人の特徴をまとめてみました。

また併せて解決策も書いているので、当てはまった人はぜひ解決策にも目を通して下さい。

返済が出来ない借金額

ダンケ

まず物理的に借金を返すことができない人。これは借金額と返済額が大きく関係しています。

借金額

年収の3分の1
賃金業者は総量規制によって年収の3分の1までしか融資することができなくなっています。
クレジットカードのショッピング枠はこれには含まれません。

なので借金額が3分の1、ショッピング枠を合わせると3分の1を超える方は返済が困難な人が多いです。

返済額

疲れる
僕が債務整理を依頼した弁護士は返済額が月収の3分の1を超えていると生活が困窮すると言っていました。

実際僕は、「利息分だけ返済しすぐに上限いっぱいまで借り入れ」といった感じで、最悪の悪循環で生活してたので、まさに困窮していました。
なので一時しのぎの返済で生活をやりくりしている人は実質返済は難しいと思います。

解決策

債務整理

分不相応な借金額を抱えているため、生活を切り詰めてもどうしようもない部分が大きいです。解決方法は債務整理をすることだと思います。

法的に借金を減額したり、なくす方法が債務整理です。
債務整理には任意整理、個人再生(民事再生)、自己破産の3つの方法があります。

一番リスクの少ない任意整理でもクレジットカードをしばらく作れなくなったり、自己破産は不動産など差押えられるリスクがあります。
しかし、僕は実際任意整理をしましたが、生活は楽になりました。

借金額、返済額が3分の1を超えている人は、法テラスなどの公共施設で弁護士や司法書士に相談することもできるので、一度足を運んでみることをおすすめします。

詳しくはこちらの記事を参考に
債務整理の種類を子供でもわかるくらいわかりやすく解説 借金相談はどこがいい?おすすめの無料相談先は4選

借金の返済ができない人の特徴

借金を作った原因を解決していない

ソシャゲ課金

例えばギャンブルやソシャゲの課金で借金を作ってしまった場合。
いざ借金を返済しようと思い立っても、ギャンブルやソシャゲをやめなければ、返済はほぼ不可能。

借金はそもそもの原因を排除しなければずるずるといきます。

禁煙と一緒ですね。
徐々に本数を減らしていくと言う人が禁煙に失敗するように、借金もその原因と向き合い決別しなければ、いつまでも返済することは出来ません。

解決策

解決策は借金の原因となったものをやめるほかありません。
筋道を立ててやめるためにはどうすればいいかを考えましょう。

例えばパチンコで借金の場合
STEP.1
パチンコに行かないためにはどうすればいいか
STEP.2
外出してしまうとパチンコ屋にいってしまう可能性があるので家にいる
STEP.3
家にいて時間をつぶすために休日は月額制のVODで映画を見る

というように借金を作った原因と決別するために、計画を立てて考えることが大切。

気持ちばかり先行して計画を立てていないと、その気持ちが切れてしまったときに、また元に戻ってしまうということが非常に多いです。
なのでしっかり計画を立てておくことが大事。

またツイッターやブログで、決意表明して記録を残しておくのもいいと思います。
SNSでには同じように借金と戦っている人は多く、応援してくれたりするので、モチベーション維持には非常に有効です。
依存症かもと思ったら
ギャンブルやソシャゲの依存症だという自覚がある人は精神保健福祉センターに相談にしてみましょう。
精神保健福祉センターは依存症の相談ができる数少ない施設です。
全国にあるのでどこに住んでいても利用できます。
センター一覧はこちら

借り入れをあてにしている

ATMに並ぶ

今まで返済しても、借り入れを想定している人もいるんじゃないでしょうか?
「生活費足りなくなったらまた引き出せばいいや」みたいな。

そのせいもあって、今まで元金が全く減らないままという人も多いと思います。
というか僕がそうでした。利息だけ払って、やり過ごす。

ATM禁止

これでは借金がいつになっても減らないので、どこかで奮起して借入をしないと決意することが大事です。
ただそうすると、返済したお金は当てにすることができなくなります。

今まで当てにしていたものがなくなるので、その分を捻出する必要がでてきます。
借入先が多い人ほど、返済して引き出していた金額が大きい人ほど、この捻出する金額は大きくなります。

なので、それを考えず今まで通りの生活をしていると、また同じことの繰り返しになってしまい、一向に借金が減らないままです。

解決策

これを解決するには、「一度返済したお金は無いものをする」こと。
一度返済したらその分は絶対に引き出さない。
これしかありません。

2つの選択肢

返済したお金をあてにしなくてもいいようにする。
そのためには「収入を増やす」「その分を節約する」しかありません。

バイトやクラウドソーシングで副収入を得たり、自炊をはじめて食費を節約して返済分を補填しましょう。

クラウドソーシングとは
クラウドソーシングとは?初心者にもわかりやすく解説

一発逆転を狙う

チャートで落ち込む

ツイッターなんかを見ていると借金がある人が再起をかけて株やFXをしていたりします。
ただ借金がある人がFXや株をやるのは、一発逆転よりも状況を悪化させる結果につながる方が多いです。

株やFXは余剰資産でやるもの。
個人的にFXや株を生活費を割いてまでやっている人は、トレーダーではなくギャンブラーだと思っています。

下落

株やFXのリスクは非常に大きいです。
確率は低いもののFXはレートの急変動でロスカットが追いつかず元手以上にマイナスがくる可能性もあります。

借金のある状態で、リスクを背負ってまで一発逆転にかけるのはナンセンスと言う他ありません。
そもそも先を見通さなければいけない株やFXに自分の足元が見えていない人が向いているとは到底思えません。

解決策
日々貯蓄
FXや株をはじめるなら借金の返済、余剰資産をつくるところから始めましょう。
生活費を割いてまで投資をするとチャートに一喜一憂して、上がるまで待つことができなかったり、逆に損切りを冷静に判断できなかったりといい結果に結び付くことはまずありません。
余剰資産ができれば「このお金はなくなってもいい」と割り切れるので、生活費を使うより落ち着いた投資ができます。
余剰資産ができるまではバーチャルトレード(仮想取引)などでしっかり勉強しておけば可能性も広がります。

誘いを断れない

NOと言えるサラリーマン
お金がないときの友人から食事の誘い。
「お金がないから今日は無理」と言えればお金を使わなくてすみます。
ただしそれがなかなかできないって人は、借金の返済にも影響してくる可能性も。
お金が飛んでいく
お金がないにもかかわらず、誘いにのってしまうと、結局締め付けるのは自分のお財布です。
1回や2回ならまだしも、誘いがあるたびに行っていると、借金返済の妨げにも繋がります。

また食事の誘いぐらいならそこまででもないかもしれませんが、「お金を貸して」なんてことになったら本末転倒もいいところ。
自分が返す立場にもかかわらず、お金を貸していては借金なんか到底完済することができません。

解決策

NOというためのレッスン

これは人間性や性格、周りとの関係にもよりますが、「NO」と言える人間に変わるしかないですね。

ただいきなり「NO」を付けつけるのは、関係が悪化しそうですし、そもそもいきなり性格を変えられるものではありません。
そんな時は上手な断り方を学んだり、正直に今の現状を知ってもらったりして相手に理解してもらえるように努力しましょう。


おすすめ図書「断れなくて損している」を簡単になくせる本

知ってる人も多いと思いますが、心理カウンセラーの大嶋信頼さんの著書。
誘いを断れない人のメカニズムや心理の確信をついているので全NOといえない人に読んでほしい1冊です。
個人的には2章の「断らなかったら好かれる」と思うのは大間違い」は好きな章でした。
他人に振り回されがちなひとのバイブルになる名著。

家にいられない

外出する

「インドア派」「アウトドア派」って言われますが、家にいることができない性格の人っていますよね。
家にいるのが絶えられなくてつい外出してしまうという人。

公園に行ったり近所を散歩して満足するなら、いくらでも外出すればいいんですが、そういう人ってほとんどいない。
友達と遊んだり、食事したりで結局お金を使ってしま人がほとんどだと思います。

浪費してしまった人
「家にいれば1円も使わなかったはずの休日が、家にいることが耐えられなくて結局外出。結果1万円浪費してしまった」
なんて経験がある人もいるんじゃないでしょうか?

出かける理由があるならまだしも、必要以上に外出してしまう人は浪費しがちで、なかなか完済にたどり着けない人が多いと思います。

解決策

結局家にいれない理由は「暇」だから。これに尽きると思います。
なので家にいても暇じゃなくなる趣味や時間をつぶせるアイテムを見つけるが一番の得策。

VOD
例えば映画鑑賞や海外ドラマ。
VODを使えば月1,000円くらいで大量の映画や海外ドラマを見ることができるので安上がり。
ゲーム中
初期投資は必要ですが、ゲームなんていうのもいい思います。
もちろん課金の必要がない据え置き。
一本ゲーム買っておけば、しばらく家から出ないで済みますから、暇をつぶすには最適だと思います。

まずは家にいても苦痛じゃない趣味をみつけてみましょう。