借金返済と貯金を両立させるなら貯金箱が最強!貯金できない人必見!

借金の返済中貯金しようと思ってもなかなかたまらない。
貯めようとしても結局途中で挫折してしまう。

そんなあなたに貯金箱貯金!

貯金箱は借金返済中の貯金を成功させるための最強アイテムです!

借金返済中の貯金は「貯金箱」が最強の理由

ダンケ

借金の返済の貯金には「貯金箱が最強」という持論を持つ僕がその理由をご紹介します!

気兼ねなく小銭を貯めれる

貯金箱

貯金箱が貯金の最強アイテムの理由が、小銭を気兼ねなく貯めれるってことです。

ATMでも小銭を貯金できるものがありますが、小銭だけ貯金するのって躊躇してしまいますよね。ましてや窓口なんかなおさら。

貯金箱は小銭だろうがなんだろうが誰に気を遣うわけでもなく貯めれます。
チリも積もればなんとやらで、小銭をしっかり貯めているとそのうちに資産に変わってくれます。

完済まで貯金したら
毎日なんだかんだで200円くらい貯金したら一年で70,000円弱たまります。
例えば借金返済と貯金箱貯金を並行して行い、5年間で完済した場合。
完済時には35万円の現金がたまっています。

ハードル

借金の返済期間中ガツンとまとまったお金を貯金するのは結構ハードルが高いと思いますが、毎日少しづつ小銭を貯めていくのはそんなに難しいことじゃないはず

借金返済中少し節約して一日の予算から余った分だけコツコツ貯金していれば、気が付けば「ヤマ」に変わっています!

簡単におろせない

ATM

ATMはコンビニにもありますから、いつでも好きな時にお金を下せますよね。
でもこの便利さって諸刃の剣で、便利ゆえに貯金したお金も簡単に下せてしまうということ。

しかし貯金箱はそうはいかない!気軽に下せるATMとは一線を画します!

走る

例えば外出中ちょっとパチンコに行こうと思いついた時。
どこにでもあるATMとは違い、貯金箱持ち歩くわけにもいかないので、貯金箱のお金を使うには一度家に帰るしかありません。

家路に走る

必死に家に帰っても、密封式の貯金箱を使っていたら、開けるのにも一苦労。
四苦八苦して明けても、中から出てくるのは小銭です。小銭じゃらじゃらです。

そこから年中混んでいる銀行に行きますか?もう嫌になるでしょ(笑)

不便だからこそ気軽に使えない。そこが貯金箱のいいところ。

土日や休みの時は小銭を両替できないっていうのもポイント高いです。
小銭ぱんぱんにして財布を持ち歩いて、買い物でじゃらじゃら小銭出すわけにもいかないですからね。

気の向いたときに貯金できる

家貯金箱

気軽に下ろせないけど、貯金するのはとても楽。何せ家でできますから。

  • 家に帰ってポケットに入っている小銭を貯金
  • ぱんぱんになった財布の小銭を貯金
  • 掃除して出てきた小銭を貯金

待たなくていいし、誰に気を遣うこともありません。

boxshadow

銀行だと、小銭って一部のATMや窓口でしか貯金できません。
銀行で貯金するにしても「出向いて、いつも混んでいる窓口やATMに並んで、通帳記帳して…」と工程が多い!

そして、銀行は貯金するからといっても、家には来てくれません。
出向くほかありません。

銀行に行くまでにいくつの誘惑を潜り抜けなければいけないのか?

銀行

銀行が田園の真ん中にポツンとあれば話は別ですが、基本的にはその街の「最高の立地」の場所にありますよね。
貯金しにいって無駄遣いなんて、可能性も大いにあります。

しかし貯金箱そんな心配一切無用!これは最強と言わざる負えません。

借金返済中の「貯金箱」貯金のやり方

お札厳禁

まずお札はいれない。これが絶対重要。

宝箱

借金返済中は生活が苦しいこともありますよね。
そんなとき、目の前にお札のたまった貯金箱があったらどうでしょう。

僕なら絶対に使います!間違いありません!

借金返済中の貯金箱貯金を成功させるのに必要なのは「どうせ小銭だしな」精神。

1円&10円

貯金箱の中に入っているのは、どうせ小銭。
10円玉1000枚持って買い物やパチンコ屋に行くのもばからしいというのが大切です。

ですから、入れるのは小銭限定。

500円は背に腹は代えられなくなったときに、危険なのでできるなら100円以下がいいです。
取り出すのがバカバカしくなる金額がベスト!

やる気はほどほどに

貯金箱貯金を始めるうえで、やる気はほどほどにしましょう。

例えば「毎日1000円絶対入れる」なんて高い目標は決めないほうがいいです。借金返済中なら特に。
高い目標を立ててしまうと、生活が苦しくなった時に挫折してしまいます。

貯金箱の良さはその気軽さ、小銭をチャリンで貯金ができるところです。
肩の力を入れず、スナック間隔で気軽な感じで貯金するのが成功のカギです。

目標額を決めるなら2~300円くらいの、落としても「まあいいか」と思える金額がベスト。

貯金箱は目のつくところに

貯金箱は目のつくところに置いておくようにしましょう。

パソコンの横に貯金箱

リビングのテーブルの上、玄関、テレビの前。
毎日必ず視界に入るところにおいておけば、「そういえば」と思いだしやすく、長続きしやすい。

「インテリア的にはここ!ここがベスポジ!!」というのは二の次で、毎日チャリンがしやすい場所に置くように心がけましょう。

ベストな貯金箱を選ぶ

3つの子豚貯金箱

これ非常に重要なんですが、貯金箱の選び方です。
女性なんかはできるだけ可愛いものを使いたいと思いますが、そこはグッと我慢!

貯金箱貯金を成功させるなら「貯金箱貯金 三原則(持論)」に従うのが最善策です。
「貯金箱貯金 三原則(持論)」は以下の通り。

  • デカい
  • 出せない
  • スケルトンじゃない
子豚

この3つがどうして三原則なのか、その理由を今からご紹介します。

デカい

大きい貯金箱
キャラクターに申し訳程度に穴が付いている小さくて可愛い貯金箱。それじゃダメ!

貯金箱はデカいに越したことはありません。
たくさん入ることが最重要。

小さい貯金箱はすぐいっぱいになってしまい、そのたびに銀行に行って両替や口座に入金すると、結局普通に貯金しているのと一緒。

ATMからお札
小銭を一度ATMに入金してしまうと、あーら不思議とお札に変わってしまします。
そうなると、使ってしまう可能性がグッと上がります。

なので、できるだけ大きな貯金箱を使って銀行にいく頻度を下げたほうがいいです。

個人的には完済するまで、いっぱいになった貯金箱は両替せず、自宅で保存していたほうがいいと思います。

貯金箱がいっぱいになるたびに預金したいのなら、ATMから下せない定期預金にしておきましょう。

出せない

貯金箱から浪費
「結局小銭だもんな」というのが貯金箱の良いところ。
ですが、お金がたまってくると、コンビニでちょっと買い物をしたいときなど「とりあえずコレから出しとくか」なんて甘い考えに陥り勝ち。

そうなると癖になって、2回が5回。5回が10回とただの小銭保管庫になってしまいます。
これじゃ貯まるものも貯まりません。

なのでできる限り、簡単には出せないものを選ぶ。

ロック式貯金箱
ただしロック式なんかは意味ないです。
結局あれは他人からお金を守るもの。

貯金箱のお金を「自分の甘い考えから守る」という認識で選びましょう。

となると、密封式一択。蓋がなく、工具や缶切りがないと開かないもの。

開けるのがめんどくさい貯金箱を使うに限ります。

スケルトンじゃない

スケルトン貯金箱
貯金箱には中身が確認できるものがあります。いわゆるスケルトン。

スケルトンは、日々お金がたまっていくのが見えます。

日々の頑張りを確認できるという意味ではすごくいいことだと思うんですが、その反面、誘惑も大きい。

「もう一万円くらいたまってそうだな」…これです!!

中にたくさんのお金が入っているを見てしまうと、それがいくらくらいになりそうか想定してしまうのが人間。

想定しだした途端、今までなんてことない小銭が急にお札に見えてきます。

こうなってしまうと、貯金箱開封、銀行一直線です。

なので、中が見えない、いくらくらいたまっているかわからないものを選ぶに越したことありません。

借金返済貯金におすすめ貯金箱はコレ

定番中の定番「100万円たまる貯金箱」。結局これです。

デカい、開かない、スケルトンじゃないの「貯金箱貯金 三原則」を満たしているベストオブ貯金箱。

100万円たまる貯金箱を買うときは
スケルトンもあるんですが、中が見えるのでスケルトンは買わないようにしましょう。
また同じように10万円や30万円のものもありますが、小ぶりなのでやっぱり100万円。
以前は500万円のものもあったんですが、あれは簡単に開けられるので、もしあっても買わないほうがいいと思います。

しかし「それにしてもデザインが……」という方も中にはいるでしょう。
そういう人は、デカい、開かない、スケルトンじゃないに注目して貯金箱を探してみてくださいね。